美味しい

しじみの効果と注意点

しじみは小さい体にたくさんの栄養素が詰まった栄養食品ですが、どんな人でもどんな場合でも・・・という状態で摂取することは出来ないちょっと残念な食品でもあるのです。

しじみに含まれる栄養素と効果
・オルニチンが肝臓の働きを助け、二日酔いを予防します。
・タウリンが肝機能を高め、血圧を下げ、血糖値、コレステロール値を減少します。
・ビタミンB群は、造血作用と貧血を防ぎます。
・カルシウムはイライラを予防し骨粗しょう症を予防します。
・鉄分は免疫機能を強化し、疲労を回復します。
・亜鉛は細胞の新陳代謝を促進します。

しじみの注意すべき点
慢性肝炎、肝硬変の人は、しじみの摂取には十分注意しましょう。
しじみの鉄は大量に摂取すると活性酸素を発生させてしまい、周囲の細胞などを酸化させます。これによって肝機能に弊害が起こります。

しじみは昔から肝臓に良いといわれてきたのにも関わらず、近年では、肝臓病の患者には控えなければならないという、残念な話ですね。
理想的なのは、肝臓病にかからないことなのです。
肝臓病にかからなければ、しじみの摂取制限も問題なし。

肝臓病予防には、日頃からの予防が第一です。
毎日しじみと仲良くしながら、栄養バランスの良い食事を摂りましょう。