美味しい

しじみに含まれるオルニチンの効能

オルニチンとは
オルニチンとは、もともと人間の体に備わっている肝臓で活躍するアミノ酸です。
血液に溶け込み体内を巡り、肝臓でアンモニア解毒を行うなど、人間の体にとって重要な働きを担っています。
オルニチンは肝臓の働きを保ちながら疲労回復に貢献します。

オルニチンが肝臓の働きを助ける
オルニチンは、腸で吸収されて腎臓や肝臓、筋肉などへ運ばれます。
肝臓へ到着したオルニチンは、「オルニチンサイクル」という経路で働き、アンモニアの解毒を促進します、
このようなことから、オルニチンは肝臓の働きを助けるといわれます。

オルニチンサイクルとは、疲労の元といわれるアンモニアを分解する別名「尿素回路」とも呼ばれます。
オルニチンは、オルニチンサイクルを活発にしてミトコンドリアの働きを助けます。
これによって肝臓全体の機能を正常に保つといわれています。

肝臓で機能を発揮するオルニチン
オルニチンは、エネルギーの産生や代謝、有毒物質の解毒を促し、肝臓の疲労を回復させます。
肝臓の回復は全身疲労の回復ともなり、オルニチンは体中の疲労を回復させてしまう優れた成分であるといえましょう。

優れた成分「オルニチン」が豊富に含まれているのはしじみです。しじみは、是非、積極的に摂りたい栄養食品です。
毎日の食卓にしじみを仲間入りさせてあげましょう。