美味しい

知っておきたいしじみの特徴

日本に生息するしじみには、「ヤマトシジミ」「マシジミ」「セタシジミ」の
3種があります。外観はよく似ていますが、生態面においては大きな違いがあります。
マシジミは、水田周辺の小川などにたくさん住んでいましたが、農薬や化学肥料が頻繁に使われ、加えて農地整備や河川改修による環境の変化によってほとんど姿を消してしまいました。

セタシジミは琵琶湖の固有種でありしじみ漁の対象ですが、乱獲や環境の悪化から資源量は大幅に減少してしまいました。
日本にある3種類のしじみのうち、2種類のしじみはめったに見ることがなく、現在のしじみ漁の99%以上は、「ヤマトシジミ」です。
ヤマトシジミは、北海道から九州まで、日本の全域の汽水湖や砂泥底、河川の感潮域に生息しています。

しじみの産地として有名な島根県の宍道湖は、ヤマトシジミがおいしく育つための環境に最適といわれています。
海水と淡水が入り混じる「汽水湖」という自然条件と、湖水特有の塩分濃度がしじみにとって最適な環境といわれる要因でもあります。
ヤマトシジミは粒が大きく肉厚で味が大変良いのが特徴です。

やっぱりしじみは国内産に限る!
という方は是非、ヤマトシジミをご賞味あれ!
そうすることで快適にしじみを楽しめます