美味しい

しじみの効果的な砂抜き方法

しじみの具体的な砂抜き方法
しじみを効果的に砂抜きするには、1%の塩水を使い、貝同士が重ならないようにして、他の貝が吐き出した砂を再び吸い込まないようにすることです。

材料(適量)
水 1リットル(1000CC)
塩 10g(小さじ約2杯)
しじみ 適量

①海水よりも薄い濃度の塩水を作ります。(1000CCの水に小さじ2杯の塩)
②しじみを流水でこすり合わせるように洗います。
③しじみを重ならないように、平たい容器に入れます。
※水切りバットのように、これを網で浮かせると、吐いた砂を再び吸い込むのを防ぐことが出来ます。重なってしまうと、下のものが上のものの吐いた砂を吸ってしまいますし、密集することで酸素不足になり、砂を吐きにくくなります。

④しじみの頭がわずかに出るくらいの塩水を入れます。
※水が多すぎるとしじみは窒息死します。
⑤新聞紙をかけて3時間程度置きます。
※暗い環境にあるとよく砂を吐きます。
冷蔵庫に入れると温度が低すぎるため砂を吐きません。

その砂抜きの時間は、夏場なら3時間、冬場は5~6時間ほどです。
砂抜き後のものは冷凍保存します。
冷凍することで、しじみの成分である「オルニチン」がアップします。

塩水の濃度は、あさりが3%、しじみが1% と異なる以外、しじみもあさりも砂抜きの基本は同じです。
上手に砂抜き出来ればどんなレシピも思いのままですよ。