美味しい

しじみの捌き方と調理方法

しじみは、しじみの砂抜きをしっかりと行うことが出来れば、何ら難しいことはありません。
これを十分に砂抜きすることで、そのレシピが生きてきます。

しじみのむき身の作り方
材料 しじみ(殻付き) 適量
塩 適量

作り方
① 砂抜きしたものと塩を鍋に入れて火にかけます。
② 口が開いたら火を止めます。
③ ざるでしじみをすくい、ざるを揺らしかき混ぜながらむき身だけをとります。

自分で一番やりやすい方法を見つけて下さい。
これを乾煎りする人もいますし、電子レンジで加熱する人もいます。
共通して気をつけるべきことは、「火を通しすぎない」ことです。
加熱しすぎると身が縮んでしまいます。

しじみのむき身は確かに扱いやすいですが、せっかくの栄養分が茹で汁に流れてしまうため、その栄養素を丸ごと摂取したい方は、殻付きのままで調理することをおすすめします。
殻付きのものは、しっかりと砂抜きが出来ていれば砂を噛むことなく、その栄養分を全て採ることが出来ます。
しじみは砂抜きが命。

砂抜きがちゃんと出来ていないと、食事中に砂を噛んでしまい、せっかくの栄養豊富なしじみなのに、しじみ嫌いになってしまいます。
砂を噛むからという理由で貝類を敬遠する人もいます。
しじみもあさりも砂抜きをしっかりと行いましょう。