美味しい

弱った肝臓を修復する食材「しじみ」

しじみには肝機能を修復したり、正常な働きを促す作用がありますから、弱った肝臓には効果的ではあります。
しかしながら、「肝臓が弱ったってしじみがあれば大丈夫!」
そんな油断から肝臓を酷使し、ほとほと肝臓が弱ってしまってからせっせとしじみを摂取するのは好ましくありません。

しじみはあくまでも肝臓を保護http://www.zorashop.jp/toxtukouyaku.htmlする意味で肝臓に目立った疾患が起こらないうちにしじみを摂取すべきなのです。
何も問題のない健康体であるうちからバランスの良い食事を心掛け、せめて週に2~3度はしじみをレシピに加えて肝臓を守ることが何よりの肝臓孝行です。

しじみはとても優秀な臓器です。
非常に辛抱強く、多少のダメージを受けても文句のひとつも言わず黙々と働きます。
たとえ肝臓の半分以上切り取られたとしても、自分で修復しながら数ヵ月後には元の大きさに戻る再生力に優れたたくましい臓器です。 
だからこそ、肝機能の低下には気付きにくいのです。

沈黙の臓器といわれるたくましい肝臓ですが甘えてはいけません。
健康なうちからしじみを取り入れ、早めに肝臓をケアしてあげることが大切です。

病気は誰のせいでもなく、自分自身の責任です。
ストレスを溜め込まず、穏やかな精神状態で規則正しい生活を送り、病気にならない体を作るのは、誰でもない自分自身です。
肝臓は治すのではなく、「守る」のです。